サイトの役割を考えることが重要

サイトはコンバージョンに至るまでのきっかけを与える場です。主なコンバージョンの例として、お問い合わせ、資料請求、来店、購入などがあります。

電話で相談、メールで資料請求、店舗へ来店、イベント参加といった複数のコンバージョンへの誘導をしていくのがお勧めとなります。

また、ひとつのコンバージョンに絞って誘導する方法と、さまざまな選択肢を与えてユーザーの行動を広げるという方法もあるので、自分にあった方法を選択しましょう。

対応できる体制を考慮したり、競合他社との比較も必要です。

「お問い合わせ」「来店」「資料請求」「購入」といったサイトのコンバージョンを決定したら、ユーザーを取りこぼさないようにしなければいけません。

確実に誘導する方法として、サイトの3か所以上にコンバージョン先を設置することをお勧めします。

0 Replies to “サイトの役割を考えることが重要”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。