ユーザー目線を考える

Google などの検索エンジンから皆さんのホームページの訪問者を増やし、商品やサービスに関する売り上げのコンバージョン率をアップさせるなど、それぞれの目的を達成するための対策を SEO などと言うようです。実際に SEO 対策にの取り組むためには、専門的な知識や技術が必要となってきますが、WEBサイトを運営・管理される立場の皆さんとしてのおおまかな考え方としては、何よりも皆さんが制作するホームページが、お客様にとって有意義な情報であるということが最も必要とされているおうなのです。皆さんがサイト運営者として、ホームページに掲載するコンテンツの内容を1つひとつ作り上げるなかで、商品を「売るため」のホームページ制作ではなく、お客様が商品を「購入するため」のホームページであるというような考え方が必要なのかもしれません。商品やサービスを売りたいという販売者側からの熱意はどうしても売りつけがちなコンテンツ内容になりますが、実際にWEBサイトを訪れるユーザーたちの本質的な部分から物事を考えていきますと、ユーザー目線に立ち、お客様が知りたいと考えている情報を盛り込んだホームページ制作が何よりも SEO 対策に必要とされる要素であると考えられるようです。

0 Replies to “ユーザー目線を考える”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です