SEO対策「トップページの役割」

Webサイトの「トップページ」とは、一般的なサイト訪問の形では、入口や玄関的な役割を果たしてくれるサイトページとなります。お出迎えのページというような役割です。お客様とのファーストコンタクトとして、皆さんとお客様も最初の接点を築いてくれます。そのお出迎えのページが、商品を買って下さいというアピールで埋め尽くされていては、SEO的にはナンセンスなWebサイトという評価になってしまいます。できれば、Webサイトの「トップページ」に求められるものとすれば、初対面のお客様をおもてなしするように、まずは、皆さんのWebサイトの全体像がどのようなものであるのかを、簡単に把握できるようなレイアウトにしておく事です。訪れたお客様が、すぐに欲しいなぁと思っている情報に、すぐに辿り着けるようなサイト構造を目指しましょう。皆さんのWebサイトのトップページを訪れたお客様の興味やニーズは様々です。【お客様のサイトへの興味例】・どんな会社なのか会社概要を調べて信頼度を高めたい・どんな商品があるのかを知りたい・他のサイトでみかけた製品と価格比較したい・商品のスペックを知りたい・すぐにでも商品が欲しいので、会社に電話で問い合わせしたい・すでに商品は購入済みであるが、クレームを言いたい・すでに商品は購入済みであるが、商品の付属パーツを部分的に購入できるか問い合わせをしたい など、お客様は、様々な興味やニーズをもって皆さんのサイトを訪問されるのです。それらのニーズに、お応えできるような「トップページ」でなくてはなりません。例えばですが、もし、皆さんの提供している商品が、期間限定でキャンペーン価格となっているのであれば、購入前となる「トップページ」でその期間と割引価格をお知れするべきです。その時点では、購入を留まったお客様が、後日、サイトを訪れて、キャンペーンの存在を知らされた場合、クレームを頂く可能性も出てきます。出来る限り、お客様の立場となったサイト作りを考えていきましょう。サイト運営側にとっては、分かりきった情報や事柄であっても、初めてサイトを訪れるお客様にとっては、サイト内の進み方は、もちろんの事、このサイトにはどのような情報が用意されているのかも全く分からない状況であるのです。そのようなお客様に、皆さんの製品やサービスに興味をもって頂くようにサイト内の構造やレイアウトを工夫する事が、SEO対策としても求められてくるのです。具体的には、タイプA、タイプB、タイプC・・・、などのお客様のニーズ別に分かれた、仮設定を行った上で、どのようなレイアウトやサイト構造であるべきなのかという状況把握の為に、目的のページまで辿り着き方などを、実際にシュミレーションとして行ってみるとよい結果につながるかもしれません。■タイプAのお客様・・・どんな会社なのか会社概要を調べて信頼度を高めたい■タイプBのお客様・・・どんな商品があるのかを知りたい■タイプCのお客様・・・他のサイトでみかけた製品と価格比較したい などの、架空をニーズ別に設定し、どのような進路や手順で、サイト内で検索を行っていくのかを、確認しながらその操作方法の難易度やスムーズさなどをチェックしてみましょう。

0 Replies to “SEO対策「トップページの役割」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です