メインコンテンツエリアのレイアウト

ここではメインコンテンツエリアにおける<h>タグの使い方について解説します。

トップページのメインコンテンツエリアには、導線を作るという大きな役割があります。
一覧系(2階層目)ぺ ージや詳細系(3階層目)ぺージへの導線です。
導線は、おもに運営サイドが見せたいページや知ってもらいたいページへの導線を配置する方法と、ユーザーがよくアクセスしているページへの導線を配置する方法があります。

一覧系(2階層目)ページは、カテゴリごとに作ることが多いので、そのカテゴリに該当する、下階層のページである詳細系(3階層目)ページへの導線が中心となります。
そのカテゴリの概要を書くだけでなく、詳細系(3階層目)ぺージの簡単な説明文を一覧にして、そこからそれぞれのページにリンクさせるようにしてください。
単純に詳細系(3階層目)ぺージへリンクさせるだけでは、Webサイト内での移動は高まりません。
詳細系(3階層目)ページが見たくなるような説明文がPVの向上につながります。

詳細系(3階層目)ページについて。
ローカルナビを使うことで、閉じカテゴリに該当するほかの詳細系(3階層目)ページへリンクさせることができま す。ローカルナビは、同じカテゴリのコンテンツを見てもらいたいときに有効な手法です。すべてのページをユーザーの意思で自由に見てもらう方法と、運営側の意図で順番に見てもらう方法があります。

0 Replies to “メインコンテンツエリアのレイアウト”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です