情報アーキテクチャ

「情報アーキテクチャ」はSEO対策でも重要です。段階的にトピックを絞 り込みます。同じトピックのぺージを相互にリ ンク でつ なげます。
検索キーワー ドのトピックに合致したディレクトリー やサイト、 ウェブページが検索にヒットし、上位にランクインするというし くみは理解していただけたでしょうか。 では実際に、「検索キーワードのトピックに合致し、ちょうどい い具合にフォ ーカスされた」サイトを作成するにはどうすればい いのでしょう 。 まず、サイトにできるだけ多くの「トピ ック」 をつくり、ユーザーや検索エンジンが探しやすい、理解しやすいかたちに配置し ます。 早合点しないでほしいのは、 トピックをたくさん作るというこ とは単に情報量、コンテンツを増やせという話ではありません。 コンテンツを「ユーザーが探す単位」に分割してページを配置し ましょう、複数のトピックにまたがるコンテンツを1ページにすべ て掲載するのはやめましようという話です。 また、現在あるウ ェブページを上手にディレクトリー単位で区 切り、サイト全体のトピックのまとまりや整合性も壊さないよう に的確に配置します。
「区切る」目安は、ユーザーが情報を探しやすい単位に区切る、 ということです。例えば、ユーザーは情報を求めるその瞬間は1つ の事柄について知りたいことが多いのです。 ユーザーが求める情報の単位にあわせてペー ジを作成するのです。ユーザーが情報を求める単位に分けるということは、トピック が絞り込まれるということです。 トピ ックが絞り込まれれば、検索エンジンはページが何について記述されているのかを把握しや すくなりますので、関連する検索キーワードで上位にヒットしや すくなります。
また、それぞれのページが関連するキーワードで検索にヒット しやすくなるということは、より多種類の検索キーワードでみな さんのウェブサイトが見つけられる状態になり、 トラフィック総量の増加にもつながります。

ところで、ディレク トリ ーやウェブページをトピックで分け、 ユーザーが探しやすいように整理することをウェブ制作の世界では情報アーキテクチャと呼びます。この概念はユーザピリテイや ウェブ制作で重要視されますが、 SEO対策でも同じです。情報アーキ テクチャが整ったサイト、情報が整理されたサイトは検索されやすいサイ トになるのです。

おすすめPICKUP:SEO対策の相談は東京SEOメーカーがおすすめです。